2008/11/30

土曜釣行:南西風とアジ釣り

土曜の未明から外房にてアジ釣り。

全く釣れませんでした・・・

明るくなってアイゴが掛かるようになってしまったので、残り少なくなったコマセを使い切ってとりあえずいったん休憩に。それにしても良い天気です。雲は多目ながら晴れ間がのぞくと陽の光がまばゆいばかりです。

気分を変えてチョイ投げしたらキスが2尾釣れたので唯一のおみやげに。

午後になると南西風が強くなり、納竿。

ゴムボートで釣りをしていた方へ釣果を尋ねてみると、アジは不調で豆アジサイズがほんの数尾、あとはメジナばかりとのことでした。

今日はお手軽にアジ釣りもルアー竿でやってましたので、水洗いする道具が少なくてせめてものGOOD!(笑。道具のお手入れでもして、次回に備えましょう。

=====

【塗装が剥がれたものを補修】


【ついでに作りかけて放置されていたのを塗装へ】

2008/11/26

24日、振り替え休日をK氏とアジ釣り

月曜の振り替え休日をK氏とアジ釣りへ。
外房方面と決め、道中の釣り場を覗きながら、小漁港へと落ち着きます。幸い、先客なし!幸先よし! ということで、4時半頃には釣りを開始。各々、しばらく1本バリにオキアミで、様子を探ります。コマセが効いたか、回遊したか(笑、1尾めのアジをK氏が掛けます。フィーバータイムか、ということで3本バリのサビキ仕掛にチェンジして、22~23cmのレギュラーサイズのアジを調子良く釣り上げていきます。
久し振りにアジのフィーバータイムで至福の時を。ヘッドライトが要らなくなる頃にアジのアタリが遠のいたのでバッカンに活かしておいた小ぶりのアジを選んで、泳がせてみます。6時半前頃、ギュンギュンという竿の反応に続き、ドラグがジージー出て行きます。船道のかけあがり付近で掛け、船道をグングン走って行きます。



来た~!!
「走るね」
「何だろ」
「うーん」
・・・とその時、ブッツン^^;
姿を見ずにアジごと捕られていきました。

4号ハリスのサルカン部分から切れています。
結びが下手なのか・・・悔しい~。

気を取り直して、もう一度泳がせて見ると船道を沖にアジが泳ぎ、大分たってからグググーンと強い引き!ドラグを締めつつ、泳ぐ魚を懸命に寄せようとしたのですが、ほどなくハリス途中で・・・根ずれのようです。またもやバラシ(泣。

ルアー竿だったから(ポソッ。
長い磯竿の方が魚をあしらいやすいね(ボソボソッ。
きっとサメだよ(ボソボソボソッ。

また来週、出直して来ます。魚の姿を拝めないのは、悔しいですっ(ザブングル風に。

7時前に撤収準備。
コマセがもう1回戦分残っているので、朝ご飯のおにぎりなどを食べながら釣り場移動の相談を。だいぶ寒くなってきましたので、クルマの中でしばし暖をとりながら。

結局、海岸沿いを南下しながら、目ぼしい釣り場を見て回りながらさてどこにしようかと決め手のないまま小湊を過ぎて寄浦港まで。

「うーん、決め手に欠けるね」
「いや、どこでも良いですよ」
「ピンと来ないな~」
「このまま行くと館山まで行っちゃいますよ^^;」
「じゃあ、うんと寂れた人の少なそうな所でやろっか」

というわけで、浜荻港の先端が空いていたので、荷物を担いで歩いて目指します。クルマを停められる場所からはかなり歩きます。

午後になると雲行きが怪しく、1時を過ぎる頃から雨がポツポツ、風も強く吹き付けてくるようになりました。と、船道の際に赤緑っぽい背中をした魚がたくさん見えてます。

「ハリ掛かりしません~」
「どれどれ」

と、釣り上げてみたのは何と手のひら未満の小アジ!その後、まさに入れ食い状態となり、またサビキ仕掛けを取り出して南蛮漬けを釣り上げていきます(笑。海中を良く見てみると、左から船道の際を通って、緑色の背中がわんさかと港内へ移動して来ます。天気が崩れる前だったので、避難中だったのかもしれません。

小さいナブラが立つので、ジグやミノーを投げてみるも残念ながら反応ナシ。あれやこれやで2時前にはコマセが尽きて納竿としましたが、荷物をかたしてクルマに乗り込んだ頃ちょうどざんざんの雨となり、ぎりぎりセーフのタイミングでした。

今日は楽しかった~。














=====

【某高等学校校庭のイチョウ】


葉も色付き、秋本番。
年内、アジが釣れ続きますように(祈。
泳がせ釣りもリベンジしますよ~(笑。

2008/11/20

紅葉の軽井沢へ

仕事で月~火と軽井沢へ:
もみじが紅くなってなかなか綺麗でした。それにしてもなぜ軽井沢^^;
==
【暖炉やバーカウンターのある豪華別荘のような研修所で】

==
【軽井沢駅からほど近い高級別荘地、木々に囲まれて】

==
こんなところに別荘、欲しいものです(笑。羨ましい。
==
【まあ、缶詰でクライアント主催の会議なので・・】

==
頑張ったよ、お父さんは・・・
連休は釣れると良いな。
==

==

日曜釣行:館山方面へ

仕事が忙しくてポストできませんでしたが、遅ればせ日曜釣行篇。釣れなかったので書かなくても良かったですが(笑。


野暮用が多くて土曜は行けなかったので、日曜釣行。白浜の地磯で朝マズメを釣りましたが、またまたのムツいち^^;ここのところ、不漁続きでございます。やっぱりホームグランドの勝浦方面か!


早々にあきらめて帰りがけに館山の港を見て回ろうということで富浦港まで南下。落ち着いた港です。湾は結構広いけど港は小さいです。




タイとアジの海上釣堀があるので、一度話の種にやってみたいなあ~。(お金がある時に)


魚がいそうな雰囲気はぷんぷんしますが・・・
そこここに墨跡も・・・





時折りナブラが立つのですが早いの何の。イナダでしょうか。ジグを振り出しのルアー竿にセットしておきましたが、投げる度に外しちゃいます。若干いたルアーマンもお手上げ状態で・・・


【結局、釣れたのはチャリコと・・ボラ(笑】



=====
もうボラは写真撮りませんよ、恥ずかしいから^^;
=====

2008/11/11

日曜釣行:南房でアジ・ムツ(のはず)

釣りの写真がないので・・・
間に合わせときます。

そうです、釣れなかったのです(笑。風邪を押して行ったのに、結果はムツいち。20cmちょっとぐらいでした。小さいけど、一発でハリスがボロボロに。小さめの太刀魚バリ(本当はかますバリですよね)でジグヘッドのような仕掛を作っていたのですが前回二つロストしてしまったので。

本当は勝浦界隈で釣るつもりで、興津(西)港にいったん落ち着いたのですが、工事中で先端へ入れません。駐車場前の船付き場で小一時間竿を出したのですが、俗に言うゴンズイ玉^^;3匹釣ってもう戦意喪失~。

しょぼぼんとして南へ移動しながら主なレパートリー港をチェックするも、何となく忘れられない野島崎まで来てしまいました(笑。地元の方がマズメにムツを爆爆釣りしたのが強烈に目に焼き付いているので、どうしてもここでムツを釣りたい!まだいるはずだ・・と思うんですね。

ということで明るくなる頃になってしまいましたが、アジの仕掛けでエサだけサバ切り身とオキアミを交互に使った未練がましい釣りを(笑。

サメも掛けている場所なので、予備の1.5号でおっかなびっくりです。底にはやつらが徘徊するので・・
タナは浅めでいこ^^;
MAXでウキ下1ヒロ半まで^^;
ここ浅いから^^;
ということで朝マズメはムツいちです。
その後不完全燃焼するこの身を平砂浦へぶつけて来ました。波はあまりなくサーファーはいませんでしたが、先客が結構おり、館山寄りの岩が点在する方で。唯一のヒラメ用ミノーとジグをひとつづつロストして、完全燃焼いたしました(拝。

=====
体調整えて、釣りを再構築!
=====

2008/11/02

土曜釣行:勝浦方面にてアジ釣り



久し振りに勝浦方面へ:
やっぱり良いな~、磯ブユ少ないし(笑。

途中、串浜や松部など殆ど釣り人がいなかったので今日は空いてる?ラッキー!と思うもその先は結構先客がおりました。朝方に潮位が低ければ磯に入りたいところでしたが、風が強いのと波が結構あったのでレパートリーのひとつの小漁港に落ち着きます。

4時半頃から釣り始め、空がほのかに明るくなって来た頃、本日最初のアジ!この日は22cm~25cmぐらいと大きさが揃います。時合いが非常に短くて明るくなりかけた頃にもう群れが去ったのかアタリがぱったりです。お隣は確実に30cmオーバーの大アジ!が1尾混ざり、羨ましい~。

【Oceans11・・11尾だったので(笑】

クーラーが小さいと魚が大きく見えますね。9リッターですが、アジ釣りはこの大きさで十分!不思議とこのクーラーを持参するとクーラーに入らないサイズの魚が釣れます。持って帰ると帰らないとに限らず^^;






【こんなのや・・】


【こんなの(笑】


コマセにボラが群がるようになりました。シーズン到来^^;先週はサメに愛竿をやられたので、竿を折らないように。#4番でしたので部品代¥21,600だそうです(泣。

【メジナも釣れます】


天気も良く、釣り日和の一日でした。



さあ、どうやって食べよ(笑。

=====
連休なので、3日にも釣りの予定!久し振りに九十九里方面へでも行きましょうか。
=====