2009/02/21

荒天のため糸巻き~


==
週末前に南西強風、うねりも残ってそうですので、とりあえず土曜釣行はおアズケ。
ラインでも巻き直して備えておきましょ。
==

2009/02/14

土曜釣行:猫の写真のみ(笑

春一番は昨日吹いてしまったし・・・
風はおさまってしまったので・・・
内房なら釣れるところあるさ・・・

ということで内房の釣り場を開拓しようと、金谷までやってまいりました。
==

==
フェリー乗り場北側の港(のようなところ)です。
手前の岩盤に降りて釣れると面白そうですが、今日はあいにく波が残っていて、全面を洗って行きます。
==

==
港湾部全体を工事しているようで、釣りはできない・・?誰も竿を出してなかったし、岩場に降りる階段が封鎖されているのでとりあえずしばらくは釣りができないのかもしれません。ビビっと来ただけに残念です。
==
==
階段の手前側
==
階段の沖側
==
こちら側が何とも言えず魅力的に見えました(笑。
仕方がないので、館山方面へ向かって移動します。金谷漁港となっているところには少し釣り人がいましたが、クルマを止める場所がよくわからなかったので素通り~。
館山港なら波もなかろうということで、一路。
==

==
自〇隊堤防を望む。
この向きでエギを30~40回投げましたが、全く反応なし。
==
==
猫A:「おい、お前エサ持ってるだろ」
猫B:「そこの釣り客が何か釣るだろ」
==
==
猫C:「今日は誰も魚くれないぞ、釣れないんじゃない?」
猫A:「チィッ」と言ったのか言わなかったのか(笑)。
==
その後、これじゃいかんということでさらに洲崎方面へと足を延ばし、洲崎北港を覗いてみました。アベックエギンガーがひと組だったので、空いてるスペースへ落ち着くことに。隣接する磯場の沖では(あまり波は割れてなかったように見えましたが)サーファーが数人入ってました。こんなところでやるの・・?!もしかしてシークレットポイント・・?!
さて、とりあえずアミコマセのブロックを解凍しながらエギを投げたりしてまったりとしてみます。今日はお昼に出て来たので体力十分!眠くもないので、釣る気は満々なのですが・・・
カゴフカセで夕マズメの時間帯にがんばって、これまた全くアタリもなし。生体反応がないのは久し振りです^^;
==
==
猫D:「おい、お前館山港でもボウズ喰らったろ」
・・・いや、もうほっといて^^;
==
また来週頑張りましょう!!
==

2009/02/10

日曜釣行:メバル・サヨリ


==
K氏と外房勝浦方面へメバル・サヨリ、ということで半夜~翌午前中の釣行へ。

夜のメバル篇は:
あちこち小漁港を見て回り、海中公園に程近い小場所で竿を出してみましたが、まだ南西風と思われる風が強く、今回の釣りを予想させます^^;海面がざわつき、案の定アタリらしきものがありません。

「風が強いね~」
「でも予想外に暖かいですよね」
「南風だね」
==


==
ということで、ロケハンをしつつ漁港を中心に見て回ります。
結局、興津港に落ち着いて、歩き回りながら探って行きます。
K氏が程無く15cmほどのメバルを!

「居ましたね」
「おお~」

ということで明るくなるまで釣り座を変え、ワームを変え(笑、粘ります。
アタリがあまりないものの、ごくごく手前でかかって来ます。双方バラシを混ぜて計3尾とかなり渋い結果でしたが、K氏が大き目のをかけたようで:

抜き揚げ寸前にボシャリ・・・

「あああ~・・・」
「うーん、残念でした0_)」


そのうち、明るくなって来たので、コマセを使ったアジ釣り仕掛けにチェンジしてみましたが、お互い全く反応なし^^;北よりに変わった風が強く吹き付けるようになり、ともに寒さにギブアップ。しばしクルマで暖をとることにします。
==

==
結局、朝マズメは釣りにならず、完全に陽が昇ってから移動することにし、程近い港で釣り座にありつきました。サヨリを狙おうということで、イワシミンチやらエサ類を結構用意して来たので、二段浮きの仕掛けでマキエをしつつ、根気良く午前中粘りましたが・・・

「どこか釣れてるとこありますかね」

先客で入ってらした方に尋ねても:
「いや~、サヨリはどこも釣れてないんだよね」

しょぼぼーん、ということで今年の釣りをまたもや予感させるような^^;
飽きてしまったので、ハリスを変え、グレ針に変えてふかせてみますが、極小の小魚にピラニアのごとく餌をはぎ取られて行きます。

「これ、何だろね」
「何ていう魚ですかね」

ギラギラ見える魚がハリにスレ掛かりして来ましたが、何だかわからず。去年の今頃も同じようなのが釣れてたんですよね。今度こそ図鑑で調べねば(笑。
==


==
その後:
「まあ、今日はまったり行きましょうよ」
ということで、守谷海岸にてキス釣りの真似を。
写真がないということは・・・(笑。

==

==
ポカポカで良い陽気でした。
リフレッシュは存分に出来ました~。

釣果は次回に必ず!
==

2009/02/01

土日は福島県裏磐梯にてスキー


==
裏磐梯高原スキー場にて:
アイスバーンを想像してましたが、ふんわりフカフカの雪で気持ちの良いスキーでした。

斜面がなだらかでボーダー向けです。
事実、圧倒的にボーダーの数が勝ってました。

それにしても空いてましたよ~。
リフト待ちほぼなし!
==


==
先週の白馬では、帰りの関越道が少し混んだので、今回は東北道ながら早めに帰り支度をすることに。ホテルへ戻って大人が風呂へ入る間、子供達はチューブそりで大歓声です。
==

==

==
結局、ソリに飽きるまで時間がかかり出発は午後3時ごろ。渋滞を心配しながら磐越道・東北道を少し飛ばして帰ってきたら、3時間ちょっとで家に着いてしまいました。早っ。ラジオでは関越道はかなり混んでましたので、東北に来て良かったです。
==

==

土日スキーの合間に初めてのワカサギ釣り

==
土日で裏磐梯へスキー旅行:
あいにく初日の土曜日は早朝から激しい雨と風でスキーをする気が萎えました。スキー場近くへ来ると大粒の湿った雪にはなってましたが、横なぐりの吹雪・ブリザード状態^^;

というわけで、桧原湖にて初めてのワカサギ釣りを!竿を2本借り、家族対抗釣り合戦です(笑。天候の悪い午前の半日を屋根付き・ストーブ付きの快適環境にてやり過ごそうという算段です。
==
==
超ショート・超軟調ロッド(ブリキのような金属にガイドを縛り付けたもの)でオモリ0.5号くらいの枝バリ5本仕掛けをスルスルと落として行きます。タナは13mほどで、「オモリを底に付けて適当に誘う」、とのガイドを受けて、さあ釣り勝負!!
#%$&「シーン」
!!!!「なかなか釣れないねえ」
場所(湖上に沢山あるうちの入った小屋)に左右されるのか、時合いがあるのか、タナが違うのか、とにかく全くわかりません(笑。忘れた頃にポツリと釣れる何とも地味~な釣りでした。もっと鈴なりにかかるもんだとイメージしてたのに・・・
==

==
1尾だけ小バケツに入りきらないほどの大物賞は・・・
#%$&「こういうのビギナーズラックって言うんでしょ」
!!!!「フフッ」「ふふふふふふっ」

15cmに若干届かないって感じの大きさで、16cmを超えたら釣り場を管理するお店のブログに載ったのに、とのことでした。
そんなに数は釣れなかったけど、まあまあ面白かったです。
次にまた行きたいかって?
・・・ふふっ(笑。
釣れた公魚は夕食時にホテルでから揚げにしていただきました。美味!
==